PDHouseの構築システム

数年をかけてPDハウスが長く開発と選定した建設技術「Prefabrication &Multi-joint Lock」システム

「Prefabrication &Multi-joint Lock」システムとは、

        PD House建設センターが開発と選定したベスト技術「Prefabrication & Multi-joint Lock」です。20年以上のベテラン経験エンジニアで工学的の設計と各製造ステップのきっちり品質管理と正確性を重点管理した結果、「Prefabrication &Multi-joint Lock」の構造は他の建設鋳造システムより品質が良く長く使える。

        更に、地球温暖化の問題も考慮し、建設の初段階から顧客にデリバリーするまでに環境にやさしい・省エネの建材を選ぶ。これは顧客の家のためと将来のため


 

「Prefabrication &Multi-joint Lock」システムのメリット

        工事時間短縮/現地で鋳造建設タイプと比較すると、我々の品質は安定で丈夫です。なぜなら、我々の生産する時に各ステップの点検と管理している。そのため、高い質の確保ができて安全に使用できます。 「Prefabrication &Multi-joint Lock」システムは継続的に改善し続けているため、建設業界にも広く認められているシステムです。




 
 
 

MLS構造

補強コンクリート基盤:J-ボルトとの組み立てで 重量の負荷を杭に伝達する。種類は2種類があります。
  1. シングル杭用 0.45x0.45m/ 0.6x0.6m(杭の大きさにより)
  2. ダブル杭用 0.6x1.20m(重量の負荷の大きい
 
 


      
 

 

 
基礎の要素
  • 合わせ釘(Dowel)又はJ-ボルトφ16㎜(直角でJ型)長さ16㎜ 上の部分に7㎝ねじ加工(杭を固定する)
  • 片持ち梁を支えためにプレキャスト柱を使用する。プレキャスト柱は柱と同じサイズで、高さは床から梁のところまでの高さです。上の部分は溶接鉄板を使い、梁と溶接する。

プレキャストコラム(円柱?)の構造は鉄線補強コンクリートで、梁から床までに適切な負荷を支えるためにエンジニアが適切なサイズと形を設計する。通常の設計は一階の高さの設計が多い、特別の設計はそれより長い設計もあります。

 
  

  


 

コラムの構造
  • コラムの基盤にあるコラムプレートの機能は負荷(圧力・モメント)を受けて伝達する。構造鉄鋼の組み立てで、鉄線補強コンクリートと接し、床と溶接した合わせ釘と組み立てするため穴加工をする。
  • この力を伝達する構造は、以下「Socket-A」を言います。基本は力の伝達が必要な個所に、柱の中に埋め込んでいます。
3. プレキャスト梁の製造方法は2つがあります。 一般鉄線補強コンクリートのやり方と圧縮コンクリートのやり方です。一般の設計は断続設計なので、穴あけする際、中の鉄線をダメージを当たらないように穴あけの作業を注意する必要があります。


 
    

 

 

梁の構造
  • 梁から柱に力伝達する又は梁から他の梁に力伝達する構造(以下は「Socket-C」と言う)、通常は梁の両再度で溶接し、負荷をSocket-BからSocket-Aに力伝達する。
  • Socket-Aはマイナー梁を支えるという目的であり、メイン梁の横側に設置する。
 
    
 
Socket-Bは梁から柱に力伝達する又は梁から他の梁に力伝達する構造、負荷の大きさにより様々な設計がありますが、基本は下記の3つのサイズが一般です。
Socketミニ 厚み9㎜
- Socket Standard 厚み12㎜
- Socket 100/15 厚み15㎜

 
  • 鉄鋼ファスナーは6㎜サイズの鉄線、床パネルを支えるため、梁の裏に設置する
 
 
  • バスルーム床又は階段プレキャスト又は他の部品を抑える鉄板
 
  
 
  • コラムを補強する鉄鋼CX又はJ-Bolt
 

 
  • 供水又は排水の開口部
 
  

 

4. プレキャスト階段は階段のピッチ・高さにより一個一個の部品で作られる。一般は平面で鉄線補強コンクリートが多いです。構築中に、重いものの運搬により、負荷が大きいためダメージを受けやすい部分なので、他のところより鉄線補強が多い。
 


5. バスルーム床プレキャストはバスルームと同じサイズで、水線・衛星設備などの加工済で取付する。鉄線補強の床設計で、真ん中の床を低く4角の床を高くする設計で、水のヨコ漏れを防ぐ。

6. Solid Plankはプレキャスト床で、一般のサイズは幅35㎝ 厚み5㎜ 長さ4m以下又は荷重42㎏/m 圧縮コンクリートの設計です。 2.5m以上の長さの場合、負荷を拡散するために横の溶接鉄板を設置することも必要です。
 
 
 

PD Houseの基準に沿って取付完了の構造